シフォンのバルーンスカートのパターンと作り方

注! お手数かけます、画像が多いので
5mm角のナニカが表示されたら再読み込み(F5を押す)してください。

 

まずは材料から
表布(ポリエステルシフォン) 2m
裏布(キュプラ or ベンベルグ) 1.5m
幅6mm~1cm(お好みで)の平ゴム ウエスト+10cm
90番のミシン糸

使う道具
9号のミシン針
押さえ金は直線縫い用と裁ち目かがり用
クリップ、安全ピン、型紙用の紙

シフォンのバルーンスカートのパターン

スカート丈について

型紙のサイズ調整の仕方

準備
型紙をつくる。
表布、裏布を検品(傷や汚れがないか)して、布端は生地目に沿って裁ち落す。
アイロンの設定温度に注意して、皺が消える程度に地のしする。
表布裏布共、半幅に折って、裏側に型紙を写し、粗裁ちをする。
表布裏布共、前スカートの裾とウエストに、目立つ糸印をしておく。

縫い代について

端切れで直線縫いと裁ち目かがり(端ミシン)の試し縫いをする。
縫い目を超細かめ、ふり幅を大き目にすると、布の巻き込みが無い、と思いますが、
ミシンによって違うかもしれませんので、調整が必要でしたら各自なさってください。

こんな風に糸がひけたら、針先が傷んでいるので、新しい針に交換してください。

 

縫う手順
コツは2mm程度のズレは気にしない、です。

表布裏布の脇を、裾側から直線縫いする。
脇の縫い代は1cmになるよう裁ちおとす。

裾側から裁ち目かがり(端ミシン)をかける。

縫い代は表布は前スカートへ、裏布は後ろスカートへ、アイロンで倒す。

表布と裏布の裾を合わせて(裏布を下に表布を見ながら)直線縫い。

縫い代を1cmに裁ち落とし、(裏布を下に表布を見ながら)裁ち目かがり。
縫い代は表布側にアイロンで倒す。

ウエストを縫う前に、糸くずや繊維ゴミをしつこく払う。
スカートの裾に糸くずが透けて見えたら嫌ざましょ。

ウエストを縫い合わせる。
表前スカートは裏前スカートに、表後ろスカートは裏後ろスカートに合わせ、
出来上がりウエストの裏側の際に、(裏布を下に表布を見ながら)捨てミシンをかける。
縫い代を2cmに裁ち落とし、裁ち目かがり(端ミシン)をかける。
ウエスト折山と、端から5mmのところをアイロンで押さえる。

前中心(おへそ)にゴム通し口をつくる。

ウエストをできあがりに折って直線縫い。

平ゴムを通します。
通すのはクリップで挟んだ方からです。

 

嘘よ。

ゴムは長めにくくって、履いてから調節してください。

ゴム通しがうまくいかないときは、呪文をとなえましょう。
稀にうまくいくときがあります(確認済)

 

洗濯はネットでおしゃれ着洗い。
吊るして陰干し、ノーアイロンで。