目打ちとか

 

上から
チューリップ 極細目打ち
チューリップ 先曲りクラフトツールM
手芸用ピンセット

極細目打ちは口金付けで重宝します。
他、絡んだ糸を解いたり、皮に針穴を開けたり、布に目印をつけたり、細かいものを折るとき、ひだをつけるにも。

先曲りは、口金付けのとき、極細と2本使いでテグス糸をしめています。
曲がったところに一巻き引っ掛けて留めます。
あと、ミシンの布送りが上手。

ピンセットは、テグスの糸始末と、
小さい口金で、指が届きにくいところに使います。

 

どのくらい極細かといいますと、ほぼほぼ縫い針です。
上の目打ち(小学校の家庭科教材に入ってたもの)と比べてみると
えのきとしめじくらいに違います。

先の方でテンションをかけると、曲がったり折れたりしそうなので、
テグスをとらえたら、針先をしゃくって、針の根元に手繰り寄せてからしめる。
加減も伝わりやすいです。