コットンウールのシャツ

 

茅木真知子著 文化出版局発行
「私の好きなシャツスタイル」から、aのパターン・スタンダードシャツを使用しました。

そこかしこがたるんたるんしてる私には、サイズ感がタイトなので、
背幅に4cmのゆとりをいれました。
後ろ身頃をとるときに、背のわに2cmプラスです。

ゆとりをいれたいのが後ろ身頃だけで、袖ぐりや袖幅はパターン通りでいい場合は、
背のわにタックかギャザーを入れるのが簡単でよいです。
ただし、そんなにたくさんのゆとりを入れられないですけどね。
4cmくらいが限度でしょうか。

もっとゆとりを入れたければ、身頃の脇と袖幅を修正します。

本と違うところは、背のわにタックを入れたのと、
衿を丸襟にしたのと、
袖口持出布を半幅にしたこと。
こっちの方が縫いやすい。